ガス自由化で何が変化するのでしょうか

ガス自由化によって何か変わるのかと思う人もいるかもしれませんが、ガス自由化ということには大きな意味があります。それは企業が自由に競争をすることが出来るようになるので、料金が安くる可能性や質の高いサービスが受けられるようになる可能性が高くなるということです。ガスが自由化されていないということは、一社が独占しているということなので、この一社の意向で価格を自由に決めることが出来てしまいます。ガスのような生活に直結するようなものが一社の意向によって簡単に決まってしまうということは大きなリスクなのです。電気が自由化されたのもこのリスクが震災によって露見したからです。自由化されていなかった電気料金は、震災で不祥事が露呈した会社の意向で値上げされ、これを我慢するしかありませんでした。自由化されて複数の業者が選択出来れば、このようなことはなかったのです。

ガスを自由化する必要があった理由

ガス自由化で料金が下がったり、サービスの質が上がる理由は企業がかんばって仕事をするようになるからです。競争相手がいないとなかなか企業は頑張りません。なぜなら頑張らなくても収益は上がってくるからです。その政府は独占禁止法という法律まで作って独占というものをなくそうとしているのですが、電力やガスというものはそうした法律から除外されていました。人の生活に必要な公共のサービスなのでそのような競争は不要でモラルとして高い料金などの設定は認めないということだったのです。ですが、震災の電力会社の不祥事でこうしたモラルが欠如していることが露呈しました。独占企業にモラルを求める目ことが無理であることが分かったわけです。となれば、自由競争の場で激しい競争をさせた方がよいと判断されたのです。

ガス自由化で料金が下がったり、サービスの質が上がる理由

ガスを自由化すると複数の企業からガスの会社を選択することが出来るようになります。となれば、多くの人が料金の安いところか、サービスの質のいいところを選ぶようになります。こうなるとガス会社は簡単に値上げをするようなことは出来ません。消費者に選んでもらわなければならいなわけですから、ライバル会社に勝つために必死になってさまざまなサービスをするようになっていきます。これがビジネスでは当たり前なのですが、これまではガスや電気などの公共性の高いものは別という考えになっていました。ですが、この考えでは駄目だということが震災の電力会社の対応で露見したわけです。ですから、電力の会社を選ぶということも始まりましたし、ガスの会社を選ぶということも始まるわけです。信頼できるところを選ぶということはとても大切なことなのです。